アーカイブ

岐阜の山県市の特産品、おいしい栗と、うちの淡墨桜、純米酒の調味液が入った栗ごはんの素が、今日から岐阜の高島屋さんで販売されるそうです。

石井食品さんが、作って下さいました わざわざ持ってきて下さったので、さっそく炊いてみました

栗はほっこり甘くて、淡墨桜の純米酒とお塩だけの調味液の味がご飯に染みて美味しいし これは食べ過ぎてしまうわこの時期だけの限定品なので、見かけたらぜひ試してみて下さいね

山県市には酒蔵がないのと、山県市とうちの蔵は近いし、淡墨桜は岐阜県産のハツシモというお米を使っているので、今回お声がかかったんです♪

岐阜県は美味しいものいっぱいですよ〜〜

 

 

 

  

最終日はマンチェスターからロンドンへ戻って、輸入元のビベンダムワインさんの営業の皆さんへのお酒の説明会。

今回も、紙芝居をご披露させていただきました。もう紙芝居のおばちゃん状態(^^;)ちょっとアナログなパワーポイントって思ってもらえれば(^^;)パソコンが無くてもどこでも上映可能です。

 

必死で紙芝居を読む私(^^)

この紙芝居は実際パワーポイントを切り貼りして厚紙で手作りしたものなのです。英語が書いてあるので、読むだけだしとっても伝わりやすい。恥ずかしいと思わなければ誰でもできます。外国でプレゼンがある方は是非チャレンジしてみてください(*’▽’)

皆さんにティスティングしてもらったお酒です。古酒に関してはまだまだ珍しいせいもあるのか、たいへん質問が多いです。でもヨーロッパの風土にはとても合うようです。外国、特にヨーロッパでは、味わいもさることながら、蔵の背景や歴史、その酒が生まれた物語が大切にされる傾向があるので、丁寧にご説明する必要があるといつも感じます。

日本ですと、味わいや米や辛口とか甘口とかスペックのことが多いのですが、それとはだいぶ違うなぁ(^^)

営業の方へのご説明だったので、日本酒が海外に輸出されるようになってどんどん広まっているけれど、日本酒を熟成した「古酒」は大変珍しいものであること、そして日本酒のメニューの中に達磨正宗の古酒を入れて頂けると、メニューの幅がぐっと広がって、お客様にもきっと喜ばれますよ~というようなことを説明しました(アテンドしてくれた菊谷なつきちゃんに通訳してもらいました)

あとは、ビベンダムワインさんの営業の皆さまの手腕にかかっておりますので、ぜひぜひよろしくお願いします♪もちろん、私も引き続きyoutubeなどで、達磨正宗の飲み方や特徴を英語でもアップしていきますからね~!

さて、ひと仕事おえまして、ホテルでひと休み~♪ とはいかず・・・。そのままボーンダディさんという和食レストランさんでまたまたプレゼン。写真を撮るのを忘れましたが、とっても熱心に私たち3蔵元のお酒をきき酒してもらいました。

その後、1時間ほど時間が空いたので、美味しいチーズやさんでチーズを買ったり(^^♪ チョコレート屋さんでチョコを買ったり(^^♪

カッコいい靴のブランド(買ったことはない)FLYのロンドンのお店の前を通りかかったので、思い切って一足カッコいいブーツを買ってしまった~~~~!海外に来ると気持ちが大きくなる傾向にある(^^;)

その後また、地下鉄を乗り継いで、高いビルのてっぺんのレストランに。高い~!夜景がロマンチックではありますが、仕事ですし、ロマンチックな気分に浸ってることもできません(笑)

ディナーが始まるまでに、こちらのお客様はしばらく立って延々と話し続ける。日本人が弱いのか、しゃべらないのか、外国人がよくしゃべるのか、強いのか。それは永遠の謎(^^;)

達磨正宗の古酒は、美味しいそうなステーキ肉と合わせました。とっても良く合いましたよ~。付け合わせのポテトもいっぱい(^^♪

最後に出てきた、アップルパイと、アイスクリーム♬こちらも美味しかった。お疲れモードだったのでこれが一番美味しかったような気がします。アイスクリームには古酒をかけて食べました。アイスクリームと古酒はよく合いますね~。

8時から始まったディナーは11時まで続いて、本当に熱心にきき酒し、お料理と合わせて頂きました。

そしてめでたくイギリス出張の日程がすべて終了(#^.^#)

次の日は11時半ごろの飛行機で、日本に帰りました~♪ 最後にスーツケースが名古屋に到着してないというトラブルはあったものの、次の日には届いたし、今回のイギリス出張は今までで一番古酒をPRできたと自画自賛(^^;)

またこれからも販路が広がっていきますように。お世話になった皆さんありがとうございました♪

 

 

 

 

ロンドン3日目は電車に乗ってマンチェスターへ行っていました。こういう感じの電車で行きました。2時間くらい。早いような遅いような。。。新幹線よりはずっと遅い感じ。牛や羊の見えるのどかな地帯を走っていきました。

マンチェスターは。イギリス第2の都市です。比較的町は新しいそうです。でも古い建物もあったりして。モダンな路面電車も走ってたりと面白いです。

現地はとっても寒く、10度くらいで雨が降っていました。

まずは、お昼に昨年もお酒の会に来てくれたHanaさんのお店「梅寿司」さんへ。梅寿司っていうとなんとなくド根性ガエルを思い出してしまう(^^;)

お刺身~~~!めっちゃおいしいです。これを二人で食べました~♪ 美味しかった。。。疲れていたので醤油が心にしみた。。。その上、演歌がBGMでそれも心地よく、このままずっとここでダラダラしていたいと思ったくらいでした♪

そして、お鮨も~~~♪

和牛のお鮨と、ウナギ❤

こんないい食材が手に入るんですね~。マンチェスターでも指折りのお寿司屋さんだそうですよ。梅寿司さんぜひ行ってみてくださいね♪

そして、夜の部は、またまたガラッと変わって、

 

「 Rabbt in the moon 」 (ラビットインザムーン)さん。月の中のウサギ(^^♪

シックな入口。寒かったので顔が引きつっている(^^;)

ここでは、飲食店さんを対象に3蔵のお酒をお料理に合わせて順番に飲んでもらいました。テーブルを蔵元が回るんですが、通訳が無しなのでと~~~っても緊張しましたが、一緒に回ってくれたタリックさんが、上手に達磨正宗の古酒について説明してくれるので大助かりでした♪ タリックさん本当にありがとう。

こちらのお料理はすごくモダンなフュージョン料理。ツナの上にチーズとか色々乗ってます。

皆さん大変熱心にきき酒して頂きました。古酒の評判もとっても良くて、ホッとしました。やはり熟成というものに慣れていることと、味わいに特徴があるので、こちらの方にはなじみやすいようでした。

10時過ぎくらいまで、お酒の会があってホテルに帰ってバタンキュ~と寝てしまいました。でもどうしても夜中の2時ぐらいにパチっと目が覚めてしまい。。。時差ぼけでした。

そして、次の日にはまたロンドンへ帰りました。 続く(^^♪

 

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

  • 岐阜駅から走ってきました!へのコメント (daruma.yl様より[03/14])

    コマさん ありがとうございます。

    古酒も美味しいと言って頂けて光栄です。
    またぜひお越しくださいね♪ お待ちしております♪

  • 岐阜駅から走ってきました!へのコメント (コマ様より[03/12])

    古酒は味わい深く熟成したおいしさでした。
    走っていくのは辛いので車でブゥンと買いに行きたいとおもいます。

過去の記事

サイト内検索