達磨正宗は新型コロナウイルス感染症予防対策に取り組んでいます。 詳細

AmazonPayでお支払いOK! AmazonのIDとパスワードで、簡単にご注文いただけます。 詳細

カテゴリー: 酒蔵の動画

達磨正宗 白木善次に聞く  第2弾
「古酒造りで苦労したこと~前編~」
今回は、古酒造りをして苦労したことは何ですか?
という質問に答えています。
父の話が長かったので半分に分けました。
前編は、古酒造りに取り組み始めた時に、
どのようなお米を使って、どんな風に?
という本当に最初のころ
色々決めなければならなかったことについての苦労です。
ぜひご覧ください(^-^)

古酒造りをしてきて、色んな質問を頂きます。
味わいや飲み方の事もですが、いったいなぜ、日本酒の古酒やろうと思ったの???とか、大変な事はなかったですか?など取り組みの過程における質問も多いです。そこで、古酒に取り組んで50年。白木善次がお答えします。
一つ一つの質問についての答えがとても長いので、シリーズ化しました。今回の動画は

◆なぜ日本酒の古酒造りを始めたのですか?

です。16分あるので、達磨正宗のyoutubeページへのリンクを貼ります。熱く語っていますので、ぜひご覧ください(^-^)

 

こんにちは、達磨正宗の白木恒助商店、白木滋里です。

ゴールデンウィーク中の5月3日、私の父である、白木善次(83)がYouTubeでライブ配信を行いました。約50分で古酒に取り組み始めてからのことを振り返りお話しさせて頂きました。少し長いですが、ぜひご覧ください。

よくぞここまで育ってくれた
~六代目蔵元 白木善次~

弊社は昭和40年代から日本酒の古酒造りに取り組み、この度昭和46年醸造酒が満50年を迎えました。

五十年間、試行錯誤しながらも古酒造りを続けてくることができましたのは、支えて下さった方々、そしてお客様のおかげと心より感謝しております。

下の動画では、今年83歳になりました、6代目蔵元、白木善次がこの酒について説明させて頂いています。

 

今回、より多くの方に50年古酒を飲んで頂きたく、50mlという小容量で発売させて頂きました。この昭和46年醸造酒は、吟醸酒であり、最初は大変繊細な味わいでしたが50年の間にまろやかで熟した果実の様な味わい、口に入れると舌にまろやかさが広がる、しっかり芯のある熟成古酒に成長しております。

50年の「時」じっくり楽しんで頂ければ幸いです。

中国語で蔵紹介
この度、恥ずかしながら中国語で酒蔵紹介を始めました。中国語ははっきり言って話せないんですが(;^_^A
ではなぜ喋れたかというと、丸暗記です(≧◇≦)

コロナ前にはたま~に中国出張もあって、でも展示会とか行くと中国語全然わからないので、ぼーっと立ってるだけでつまらないし、いつか中国語習いたいな~って思ってました。帰国後にはちょっとだけ勉強するも、すぐに頓挫(;・∀・)
コロナになって全く中国語の事も頭になかったんです。でも英語で動画配信して、みんな見てくれるし、中国語でもやってみたいな~って思いました。
でも、中国語はできない。
ということで考えたのが、自分の話したいことをなるべく簡単な中国語にしてもらって、先生に中文と読み仮名、そして音声を頂き、勉強しながら丸暗記、という方法でした。
先生は、以前少し教えてもらってその後私が不義理をしていた、久保田百恵先生で~~~す。モモちゃん先生ありがとう!
中国語は発音がとっても難しくて、布団の中でブツブツ、お風呂でブツブツ、散歩中にブツブツ、もろみの櫂入れしながらブツブツと何とか覚えることができました!
中国語を話される方が聴くと、なんじゃこりゃ~~~~( ゚Д゚)という発音かもしれませんが、字幕付けてるのでお許しくださいね( ´艸`)
ということで、あと4回ほどボチボチ中国語動画を作っていきます。酒造りの様子、古酒の飲み方紹介、海中熟成酒や、躍年、などやっていくのでよろしくお願いしま~す。
でもFBや、twitter、youtubeなど中国では観られないんですよね。
そこが一番の問題かも(;・∀・)でも色んな人に観てほしいなぁ。
ももちゃん先生の、サイトです↓
中国語のオンライン通訳など、興味があるかたはぜひご覧ください^o^

うちの酒蔵では、今年から100%地元岐阜市、三輪北のホントに歩いて行ける田んぼでお酒に使うすべてのお米を作ってもらっています。

その取り組みが「ぎふベジTV」で紹介されました。岐阜ってホントにいいところ~~~(*^▽^*)酒蔵のある三輪も本当にいいところです。ぜひぜひご覧くださいね(*^^*)

こんにちは、達磨正宗の蔵元の白木滋里です。

 

私この度
当たって砕けろ!、、、という気持ちで
英語で蔵紹介はじめました(^_^)

達磨正宗のyoutube や
私のFacebookに掲載しています。

1月になってからはじめて
今月は3回英語で蔵紹介をしました。

英語が話せるか、、、うまいのか???

といえば、そんなことはないと思いますが(;^_^A
でも、海外のお客様も
全くいらっしゃることが出来なくなった今!

私が出来る事は
コロナが明けたら、
達磨正宗行ってみたいな(^_^)

って、思ってもらえることです。

なので、今の自分の英語力で
出来る範囲のことをやろうと思いました。

===========================================

1,達磨正宗の酒蔵について

 

 

2,なぜ「だるま」なのか?

 

 

3,麹について

==========================================
の3つの動画がyoutubeでご覧になれます。

3つともそんなに長くありません。2分~4分ほどです。
あと、私は英語の名前はサマンサです。

白木滋里だと、英語話す方には
音が多すぎるから
英語名の方がいいということになり(;^_^A

サマンサです( ´艸`)

ぜひご覧くださいm(__)m

以前ほどではないですが、まだたまに聞かれる

「日本酒の古酒?日本酒って1年経ったら酢になるんじゃないの?」

 

というご質問。

 

いいえ、酢にはならないんですよ~(*^▽^*)

動画でぜひご覧ください(^_^)

 

こんにちは。達磨正宗の白木滋里です。

一番よくお客様から頂く質問は

 

「そもそも、なぜ古酒造りを始めたんですか?」

 

ということです。

それを1分半の動画にまとめました。ぜひご覧くださいm(__)m
音あり字幕もありです。

私は岐阜県中小企業家同友会に所属して色々勉強してます。たまに、今自分のやっていることや、取り組んでいることを「報告」する事があります。
10月の岐阜北支部の例会で、
「夜の酒蔵からの生中継とコロナ禍で取り組んできたことの報告」をさせて頂きました(^^♪
動画が23分とちょっと長いので、今回は達磨正宗のyoutubeのリンクを貼ります(😊)
前半は夜の酒蔵見学、後半は売店で達磨正宗の古酒への取りくみについて、そして最後の方にコロナの影響とコロナ禍で取り組んできたことを話しています。ぜひご覧ださいm(__)m

 

 

 

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

過去の記事

サイト内検索

YouTube

達磨正宗のYouTubeチャンネル

友だち追加

LINE@達磨正宗公式アカウント

感染症予防対策

感染症予防対策への取り組み