AmazonPay対応! AmazonのIDとパスワードで、簡単にご注文いただけます 詳細

投稿者: daruma.yl

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

毎月1回発行してすでに20年!書いている自分もよくここまで続いたと思う「だるま通信」2024年4月号が出来ましたので、ぜひ読んでください^^

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

6月より、

達磨正宗
五年古酒   720ml
十年古酒   720ml
二十年古酒     720ml

がリニューアル発売となります。

五年古酒、十年古酒の黒瓶を透明瓶に統一し、美しい色が観て頂けるように、そして黒瓶だと検品をするのにとても苦労していたのを透明瓶にすることによって、見やすく検品をしやすくするというのも目的です。

また、長年熟成して味わいを増した達磨正宗の熟成古酒にふさわしいパッケージを考えました。

左から二十年古酒、十年古酒、五年古酒です。720mlのみ変更です。
(封緘シールがまだ完成していないので、五年古酒は封緘シール無しで撮影しました)

価格改定後は

二十年古酒 720ml 2万円(税別)年間限定300本
十年古酒  720ml 1万円(税別)年間限定500本
五年古酒  720ml 5千円(税別)年間限定700本    各化粧箱入り

となりますので、どうぞよろしくお願いします。

5月末まで発売の五年古酒 十年古酒 二十年古酒ありますので、こちらもよろしくお願いします。
6月からの値上げ前の価格でお求めいただけますm(__)m

 

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

昨日、約100日ぶりに剣道の稽古を再開しました。現在五段です。高校生から初心者で初めて、岐阜県立長良高等学校で3年間取り組みました。中学の時に剣道部が無かったので、高校で剣道を見た時にカッコいい!と思って入った剣道でしたが、まぁまぁ大変というか、夏は暑いし冬は寒いし稽古はキツイし(;^_^A

でも、この負けず嫌いの性格で3年間なんとか辞めずにやり抜きました~^^

その後はあっさりと剣道からは離れて、40代になってから息子が剣道部に入ったのをきっかけにまた剣道とかかわるようになりました。でも息子は卒業と同時に剣道をやめてしまい、防具が余りましたので、私が再び剣道の世界に戻ったというわけです。

昨日の稽古は、4人しかいなかったので中学生の女子とふたりでまず基本を20分ほど。体が動かないというか打ち方忘れてるような気がしました(;^_^A 上半身に力が入るし、まぁしばらく休んでたので仕方ないですね(と、言い訳)

なぜ、冬に剣道をお休みするかというと、酒造りがあるからです。酒造りには「麹作り」もあり、麹を夜でも混ぜたりする工程があるので、それで剣道お休みしてます^^

そして↓ ちょっと写真がブレてるけど私の胴のだるまさん♪ 「白木さんにピッタリの胴があるよ♪」と秋田の東海林武道具店さんから購入した胴を愛用しています。

昨日の稽古は久しぶりできつかったですが、いい汗をかけました。そして稽古を再開して思ったことは、なんだか生活に張りが出る!ということ。なんだかとってもやる気が出てきます(今までも仕事は一生懸命やってたつもりですが笑)

六段を受審するまであと2年半。これからも剣道に取り組んでいきたいと思います。

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

久しぶりの東京出張。3月の29日、30日に行ってきました。29日に会議が終わり(こちらもすごく勉強になりました)、向かったのは門前仲町♪

大江戸線の5番出口を出ると目の前にあるのが「深川発酵所」さんです。

こちらはうちの達磨正宗を中国(香港含む)に輸出してくれている株式会社海琳堂(かいりんどう)さんが経営する醗酵の世界を『かう』『のむ』『まなぶ』の3つの角度から楽しめる複合飲食施設です。

社長の楊さんと2階の席で色々お話ししながら楽しみました♪

まずは、海琳堂さんが醸造免許を取って造ってらっしゃる「くみんうめしゅ」これは美味しい~!というか今まで味わったことがない梅酒なんです。クミンが入っているのでその特徴もありますが、どことなく梅干しの味わいも感じつつ、上品ででも体に気持ちよく染み渡る味わいでした。ロックも美味しかったけど、そのまま飲んでも美味しかったです^^

楊社長にお任せしていたので、色々と発酵系のおつまみを出してくださいました(下の写真)酒粕を使ったおつまみ、写真上のおつまみ名前は忘れましたが、こちらも酒粕のくどさが無く、とっても食べやすい、酒粕って上手に使ったらこんなに美味しいのね~!ってビックリします。

右のおつまみはこんにゃくのぬか漬け!これもすごく美味しいのです。左の人参、玉ねぎ、アスパラの酢の物というかレモンもちょっと入っていたような。こちらもあっさりしながらも味わい豊かです。

とにかく、発酵パラダイスとも呼べるような、素敵な発酵食品を使ったおつまみがいっぱい!ポテサラの上にのった「いぶりがっこ」も絶品でした。

出ました!達磨正宗辰年ブレンド~~~(*^^*)

辰年の前にある「納豆」こちらも、納豆ではあるけど、そこまで粘らすアレンジしてあって、これだけでお酒がすすみまくります。色々楽しませて頂きました。楊社長ありがとうございました^^おつまみは結構週替わりくらいでどんどん新しいメニューが出てくるそうです。

大江戸線5番出口を出たらすぐにある「深川発酵所」さんは、1階には色んな日本酒(達磨正宗もあるよ)や、リキュールがあってとっても楽しい。スタンディングバーにもなってるそうです。

2階は座って楽しめる、カウンターと4人掛けの席が1席あります。この発酵食品おつまみパラダイスの深川発酵所さんに、ぜひぜひ行ってみて下さい^^

わたしの説明よりも、webサイトを見るとより分かるので、ぜひこちらもご覧ください^^

深川発酵所さんのwebサイトです。

営業時間

1F Standing BAR & SHOP 11:30-23:00 (Lo,22:30)
2F BAR 18:00~22:00(Lo,21:30)
定休日
1F Standing BAR & SHOP 年中無休
2F BAR 水曜定休
住所

〒135-0048
東京都江東区門前仲町2-6-2

メールアドレス
[email protected]

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

 

酒蔵の地元、岐阜の地のお米で酒造りがしたいという思いで5年前から始まった、三輪北農産さんとの契約による酒米づくり。
高級酒造好適米の代表である五百万石ごひゃくまんごくも作ってもらっています。↓三輪北農産の山口専務^^

五百万石ごひゃくまんごくは、寒冷地向きということで岐阜市ではとても難しい品種だったのですが、三輪北農産の山口専務は最初の方は肥料を抑え、株を増やさず後半で肥料を追加し、米の粒が大きくなるように工夫して下さいました。

    

酒米は心拍があり大粒なのが特長です。
通常のお米と同じように炊飯器で炊いて食べてみると、大粒でもちもちしていて、とても美味しいのです。

酒造好適米は、炊いて食べても美味しくない!っていうもっぱらの評判ですが、そんなことはないんです。

酒造り用に多く精米していない、食べる用に精米した五百万石、在庫が少なくなってきました。最終の販売になりますので、ぜひ食べてみたい!という方は食べてみてください。日本酒を扱っていらっしゃる飲食店さんも、お客様におにぎりなどにして、メニューに載せても喜ばれますよ~!

ご注文お待ちしております^^

岐阜市三輪産、五百万石の詳細ページはこちらから

 

 

おにぎりにする時は、酒粕塩(甘い香り、まろやかな味わい)や、古酒のオリの塩(旨味豊な味わい)をぜひどうぞ♪

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

今日は酒蔵の近くにある美味しい食堂、藤よしさんを紹介します♪ ここは昨年創業51周年を迎えた老舗の食堂です。
沢山のメニューがあり、目移りしちゃいますが、私が一番好きなのは、そして達磨正宗の古酒と相性が良いのは、この味噌カツ!

(これは私がテイクアウトした味噌かつ弁当です)定食はもっといろいろ付いてます。

「肉の旨味と油の甘みのしっかりしたロースを使って、カリっとサクッと揚がるようにパン粉は細かめです。味噌はこの辺りの濃いめの甘いのが好みのお客様が多いので、そういう味噌の味にしてます^^」

とのことでした^^

ホントに美味しいのでぜひぜひ蔵にいらっしゃった時には寄ってください(蔵に来なくても行ってみてください)

藤よしさんの皆さんです^^

うちの蔵からは車で3分くらいです。

058-229-3382

予約可否
住所

岐阜県岐阜市石原1-205

営業時間
  • 火・水・木・金・土・日

    • 11:00 – 14:00
    • 17:00 – 21:00
    • 定休日

こんにちは、岐阜市のだるま正宗の白木しげり(サマンサ)です。

2024年3月21日、すべての「もろみ」を搾り終えました♪ (「もろみ」とは、お酒が発酵する過程の白い液体のことです。)

(下の写真は「もろみ」の櫂入れ(攪拌すること)をする白木寿杜氏です^^)

米麹(麹菌)・蒸した米・水・酵母菌を原料に純米酒が出来ます。だいたいお酒を造り始めて1か月でこのような透明な純米酒が出来上がります。↓↓↓

 

 

今シーズンも美味しい新酒が甘口、辛口2種類できました。
今だけ、ピッチピチのフレッシュな2種類のお酒が購入できるのでぜひ味わってみてください(*^^*)

 

●辛口は淡墨桜(うすずみざくら)と言って、岐阜県以外では、ほぼ栽培されていない幻の米とも言われるハツシモで旨味たっぷりに仕込んだ日本酒、純米酒です。生酒でアルコール度数は19度と高め♪ 冷やして飲むとすいすい飲めちゃう♪飲みすぎ注意です(*^^*)

●辛口(淡墨桜うすずみざくら)↓  https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=57

一升瓶(1800ml)3,177円と4合瓶(720ml)1,652円いずれも税込 があります。 ↓

 

 

■甘口(黄色い札)は、だるま正宗生原酒 本来は古酒(熟成させる)お酒の新酒生酒バージョンです。こちらは甘さと酸が特徴の、とってもフルーティな甘口です。 普通の仕込みよりも、ずっと手間がかかる五段仕込みという仕込方法をしています。麹も普通の1.5倍で、甘さと酸、そしてアミノ酸もたっぷりのお酒です。こちらも冷やして、ロックなどがおススメ♪

一升瓶(1800ml)4,066円と4合瓶(720ml)2,160円いずれも税込 があります。↓

https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=156

 

両方ともとっても美味しいのでぜひ飲んでみてください(^^)

★セット商品も作りました♪ (各商品のプルダウンメニューの下の方にセットがあります)

◎甘口辛口飲みくらべセットあります(*^^*) ぜひ比べて楽しんでください^^

★新酒のピッチピチ感が味わえるのは今だけなので、
今のうちにぜひ購入してくださいね~(*^^*)

白木寿杜氏(秋田からお婿さんにきて28年)と私、白木滋里(サマンサ)です♪ご注文お待ちしています(*^^*)

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

 

 

 

 

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

今日は紙芝居風に、手書きで
達磨正宗の酒蔵(うちの酒蔵)が日本酒の熟成古酒に昭和46年から取り組み始めた理由をご紹介します♪

アナログですが、簡単に説明してますので、ぜひ最後まで見てみてください^^

 

 

 

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに色々食べ方あるよ♪ 酒粕ぜひ食べてみてください。うちの酒蔵のホームページからも買えます(*^^*)
レシピ集も載せておきますね^^

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

一昨日の夜はレバニラ炒め♪

ちょうど十年古酒のきき酒をやっていたので、合わせてみると!分かってはおりましたがめちゃくちゃ相性よかった~~~!達磨正宗の古酒は中華と相性バッチリです。お米のお酒で紹興酒があるけど感じも少し似てるし。ヨーロッパの方はシェリーに似てるとおっしゃいます。

達磨正宗の古酒と中華料理♪ぜひ試してみてくださいね^^

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

過去の記事

サイト内検索

YouTube

達磨正宗のYouTubeチャンネル

友だち追加

LINE@達磨正宗公式アカウント

感染症予防対策

感染症予防対策への取り組み