キャッシュレス注文で5%還元

\家飲み・巣ごもりに!/ 淡墨桜と原料米(食用の美味しいお米)+熟成三年の「蔵元の晩酌セット」新登場! 詳細

AmazonPayでお支払いOK! AmazonのIDとパスワードで、簡単にご注文いただけるようになりました。 詳細

カテゴリー: 酒造り

本日、めでたく今期の甑倒しを迎えることができました。
甑=米を蒸す道具を倒すので、お米を蒸すのが終了、仕込み終了という意味です。もう納豆も食べることができます(*´▽`*)

そんな今日ですが、三脚を使って早朝の仕事をずっと撮影して編集してみました。長いので6倍速です。1時間くらいが4分になってます(;^_^A

ぜひご覧くださいm(__)m

達磨正宗のyoutube チャンネル、ぜひチャンネル登録お願いします♪

明日は嬉しい甑倒し(≧∇≦)

しかし、もう米作りの準備が始まってます^o^ 今日は三輪北農産の山口専務が、「田んぼの畔(あぜ)塗りを見に来ませんか?」と、誘ってくれて見に行ってきました。

すごーい、こんな風に畔塗りが出来るんですね() めっちゃ綺麗!

トラクターにも乗せてもらい、畔塗り体験もさせてもらいました。

こんなにきれい!面白い(*’▽’) 初体験でした。

山口専務、笠井さんありがとうございました(^^♪

 

今日は午前中、うちの酒米を作って下さっている、地元の三輪北農産の皆さんに酒造り見学と体験に来ていただきました^o^

自分たちの作った米が蒸され、麹になっていく様子の見学、酒母の仕込み、櫂入れなど色々体験してもらいましたよ〜(^。^)またこの春からも米作りよろしくお願いします。

次の酒造りからは、三輪北の米、100%でお酒を造ります。東海環状道の岐阜三輪スマートインターも20日に開通しますし、岐阜市の北の端っこの三輪地区ですが、自然豊かないいとこです。地域のみんなで助け合い、協力しあって盛り上げていきたいと思います。

淡墨桜 しぼりたて ご予約開始しました。

こんにちは。達磨正宗の七代目蔵元 白木滋里です。

一昨年の12月に、地元の岐阜市三輪の三輪北農産さんに、
酒米を作ってほしいとお願いしてから、

はや1年2か月。


そして、昨年の5月からの田植え、稲刈りと続き

やっと昨日から淡墨桜のピッチピチ搾りたての
搾り作業が始まりました(*´▽`*)

 

 

今年の酒造りは、暖冬の影響で
もろみを冷やしたり、

でも冷やしすぎない様に注意したり

色々気を遣いました。(;^ω^)

搾ったお酒をきき酒してみたところ、
旨味は結構ありますが、ちょっと辛口、

美味しいお酒が出来ました(^^♪

「三輪北のお米で作ったお酒」ありますか?

と尋ねてきてくれる方もいらっしゃり
皆さん待っててくれるんだなぁと

とっても嬉しいです(*^^*)

搾った時の動画等もありますので、
ぜひご覧くださいね。

それでは、淡墨桜のしぼりたてのご注文
心よりお待ちしております(^^♪

720mlが1430円(税込)

1800mlが2,750円(税込)

です。

▼ 酒粕も大人気発売中です。  500g 486円(税込)

しぼりたてと一緒にいつも発売になる「酒粕」
美味しく、栄養豊富で免疫力も高まると言われています。

病気に負けない強い体を作りましょう(*^▽^*)

https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=62

酒粕の美味しい食べ方は、
私のブログでも数多く掲載されています

美肌効果等の記事もあります(^^♪ ブログは↓↓↓

https://www.daruma-masamune.co.jp/ct/blog/uncategorized/1286/

こんにちは!達磨正宗の蔵元、白木滋里です。

今年は本当に暖かいですが、それはあまり酒造りにとって良くありません。なぜなら、暖かすぎるともろみの発酵がどんどん進んでしまうからです。他にも、農作物とかにもいろんな影響が出てると、ニュースでも言っていました。

朝、作業が楽なのは嬉しいんですが、やはり寒い時は寒くないとダメですね。

さて、そんな暖冬の中ですが、今年も酒造りは順調です(*^^*)

これは、仕込み後4日目のもろみです。

元気に発酵してますよ~(*´▽`*)

先日、お米を作ってくれた三輪北農産の山口専務に酒蔵を見てもらいました。ご自分の作ったお米がお酒になっていく様をみてもらえてよかったです。山口専務の写真、ラベルのどこかに写真入れさせてもらいます(^^♪

地元のお米で、お酒を造るって本当にいいな~って思う白木でした(*´▽`*)

こんにちは、達磨正宗の蔵元白木滋里です。

東海地方は、私が小さいころから大きな地震が来ると言われていました。また、達磨正宗という銘柄も、濃尾震災で酒蔵が倒壊し、廃業の危機であったものの、もう一度復興をしようと、七転び八起きのダルマさんにちなんで名づけられた銘柄です。

そして、蔵の中には多くのタンクが並んでおり、敷石の上にタンクが据え付けられています。そのタンクが地震の時に転倒したら…。そんなリスクを少しでも減らそうと、ちょっとした工夫で比較的安価な地震対策を行いました。

1分ほどの動画です。音ありです。ぜひご覧ください。

次の酒造りから、地元三輪北のお米で酒造りします。今日は田植えが始まりました(^^♪三輪北農産の山口専務が田植え機に乗せてくれました(^-^)

最初は緊張したけど楽しかったです♪

日本晴とハツシモの2種類の栽培を契約しました。米作りから地元でというのは長年の夢だったのですっごく嬉しいです~!

これからお米が獲れるまで、大雨とか台風とかにドキドキハラハラしそう😅 でも、地元のお米でお酒を造るのが夢だったので、とっても嬉しいです😆

こんにちは。達磨正宗の白木滋里です。
3月の25日、日曜日に蔵開きを開催しました。予約制で120名ほどのお客様に来て頂き、お酒を飲んだりイベリコ豚の生ハムを食べたりして楽しんで頂きました。ありがとうございました。

達磨正宗の「未来へ」は1999年から発売されています。現在は2014年から2017年までのものが購入可能です(2018年は5月発売予定)

1999年から2013年までは、ビンテージ古酒シリーズに移行しています。

先日、すべての「未来へ」を並べてみました。
1999年はすごく濃い色になっていて、びっくり!本当にいい色になってます。

2014年の「未来へ」は、5月にはビンテージ古酒になるので、もしご入用の方はお早目にどうぞ♪

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

過去の記事

サイト内検索

YouTube

達磨正宗のYouTubeチャンネル

友だち追加

LINE@達磨正宗公式アカウント