AmazonPay対応! AmazonのIDとパスワードで、簡単にご注文いただけます 詳細

カテゴリー: 趣味の剣道(^^)

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。サマンサは、大好きな海外ドラマのキャラクター名と、英語を勉強している時の私が皆から呼ばれている名前です^^

さて、昨日水曜日は剣道の稽古の日。

毎週月曜、水曜、土曜と稽古しています(行けない日もあるけどね)。最近の課題は構えの姿勢と、面打ちの時に力が入ってしまうこと。構える時にそもそも力が入っていると(特に上半身)硬くなってしまって打てないというか、拝み打ちになってしまう。

届かないから、すごく近い間合いで打ってしまうというのも課題です。あ~、難しい。少しずつですけど直してます。何事も一歩一歩ですね(*^^*)

———————————————————–

★短期パート・アルバイトさん大募集♪

冬の酒造り補助(短期・3月頃まで)
————————————————–
勤務時間 8時30分~15時頃まで(午前中のみ、週3日等でもOK)
酒造りの補助、布を洗ったり、麹室で麹造りなど
その他、瓶洗い、酒粕はがし、製品作りなどいろいろです。
———————————————————————-
始めての人大歓迎! 女性も大歓迎♪
勤務日、時間相談OKです♪
交通費支給

一昨日の夜は剣道の稽古に行ってきました。

剣道の稽古に行く前は、やっぱり仕事で疲れてもいるのでちょっとめんどくさいなぁ(;^_^A

と思ったりすることもあるんですけどでもここはひとつがんばっていこうと思って、稽古に参加すると、帰った時は「あ~!ほんと行って良かったな。」って思うんですよね。

 

一昨日の稽古は、やっぱり腰から当たるっていうことの大切さを改めて学びました。体当たりで飛ばされて、引き面を打たれる、、、私はすぐ横を向いてしまう。。。

やっぱり下半身をしっかり作って、お相手に向き合っていないとすぐ崩れてしまう!と言うことがわかりました。

来月は名古屋で六段、七段の昇段審査。先生たちが立ち合いの稽古をされていました。

残心の取り方とか、基本的なことで、やっているつもりでもなかなかできていないとか、稽古の反省でおっしゃっていて、私も本当にできてないことが多いなーって思いました。

私は六段審査まであと3年ありますが、まだ3年あると思わずに
『あと3年しかない!』と思って剣道の稽古に取り組もうと思います^^

この前の日曜日、10月1日、4年ぶりに剣道の大会(岐阜市民大会)に出てきました。試合会場に向かうまでは、なんでエントリーしたんだろ(;^_^Aというほど緊張して、後悔してました。
3人のリーグ戦で、2試合できました。自分では攻めているつもりでしたが、出小手を打って行ったときに、面に乗られて面を取られて1本負けでした。動画を撮ってくれた友人は「白木さん、もっと攻めた方がいいよ。」とアドバイスをくれました。
そうか~、と2試合目は打たれてもいいから、積極的に前に出ようと決めて、自分なりに攻めていったつもりです。そうしたら何とか小手2本で勝つことができました。
でも今回は、返されたり出はなを取られたりするかも、、、と面をあまり打つことが出来なかったのが反省点でした。
トーナメントには上がれなかったけど、攻めることの大切さを身をもって知りました(稽古よりも試合の方がよく分かる気がします)試合出てよかった♪って帰りの車ではもう思っている、単純な私でした^^ 商売も人生も攻めていこうと思います^^

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

私、現在剣道五段です。3年後の六段審査に向け、週2~3回ほど稽古しております^^ そんな私がたまに拝見するのが、「百秀武道具店ウガ店長」の動画です♪

今回、おススメに出てきたので、観てみたのですが、この動画!第67回 全日本剣道選手権大会の松﨑選手の試合を鍋山先生が解決してらっしゃいます。それをウガ店長が動画にまとめて下さってます。

それにしても、松﨑選手の面がすごすぎます。かっこいい~!

一瞬剣先を下げて、お相手がそれを観てしまうんです。私もこの動画を観た日の夜、稽古でやってみました(;^_^Aでも、強い方の動画を観てあこがれて真似てみるのは楽しいですね^^

ということで、暑いですが稽古頑張ろうと思います。

私の酒蔵 日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)の
webサイト(ホームページ)はこちらから。

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

今日は剣道のお話♪

真夏の剣道は暑いのか。はい暑いですよ~。もう死にそうに暑いです。基本打ちを20分やるだけで顔からは汗が吹き出し、胴着は汗でべたべたになります。冷房がかかっているところはいいですが、ほとんどの所が冷房はないです。ただし、私が稽古するのはだいたい夜なので、昼の外が35度以上の時にはやったらどうなるのか、倒れちゃったりして、、、(;^_^A

最近、稽古で気を付けているのは、蹲踞(そんきょ)する時(お相手と最初と最後に座ってというか、わかりやすく言うと、キャッチャーみたいな風に座って挨拶する)、ちゃんと息を合わせて座るということです。剣の先がそろうようにとか、剣道する(打ち合う、立ち合う)前のあいさつの時からしっかり蹲踞して気持ちを集中させて♪

先日某稽古にて、お相手と息を合わせて蹲踞するのが大切だと教えてもらって、なるほどね~~~~!私は全く考えてなかったと反省したんです。

もっと、剣道形とかもやらなくちゃですね。剣道はお相手との「合気」も大切。でも私は未熟なため、まだまだ「合気」が分かっておりません。もっと精進が必要だと思っています。

六段の昇段審査まであと3年。(五段を受けてから5年経って初めて六段昇段審査を受審できる)まだ3年もあるのか、もう3年しかないのか。

五段までは、都道府県単位の審査ですが、六段からは全国審査となるのです。暑さに負けず、稽古していきたいと思います^^

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。現在、剣道は五段で3年後の六段審査に向けて精進しております^^

今日は剣道の呼吸法について。といっても私はまだまだひよっこなので、偉そうに言える立場ではないですが、参考程度に読んでいただければと思います。

現在私は、歌を習っています。なぜ習っているのかというと、好きだからです^^人間、人生は一度きり、やりたいと思ったことはやっておかないと、あとでやろうと思っているとあっという間に年を取ってしまい、やれなくなってしまう。ということで、歌を習いたいなぁと思ったので、習っています。

 

あ、でも、一応朝のインスタライブで、達磨正宗のビンテージ古酒を紹介している時に、その当時はやった歌を口ずさんでいるんですが、その時もう少し上手に歌いたいな、って思ったのがきっかけなんです^^インスタグラムもぜひフォローしていただけると嬉しいです。

この前、オンラインレッスンで、先生の尾飛さんに教えてもらったのが、歌の呼吸法。うまく説明できないけど、胸のあたりにいっぱい空気を吸い込んで、そこはそのままにして、歌を歌いながらの呼吸は、横隔膜の下のあたりで行います。あぁ、うまく説明できない、、、胸は空気入れたままです。

これはなかなか難しいんですが、歌を歌いながらの呼吸は、脇腹のちょっと上を手のひらで軽く抑えると、横腹が動くので意識しやすいです。胸の空気も歌ってると抜けてっちゃうし、まだしっかりできないんですが。。。

 

あれ?

 

でも、この呼吸法をやっていると、お腹の力が抜けない!ということは、剣道の私の懸案であった打つときにお腹の力が抜けてしまう=上半身で打つ、下半身が付いてこないというか、足から(腰から行けない)という課題解決につながるんじゃないの???ということで、剣道と歌の呼吸法は似ているな!と思った次第です。

(剣道四段合格したとき。ちょっと前ですが、先生の長岡先生と)

調べていると、長期丹田呼吸法という剣道の呼吸法がありました。前どちらかの先生にちょっと教えてもらった気がするんですが、何年も前で、コロナ中に剣道休んでて忘れてました(;^_^A

違いは胸の空気をためておくっていうことは剣道ではやらないかな。ということです。次の稽古の時にさっそく試してみようと思います^^

 

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

私は現在、剣道五段です。高校3年間やって、40過ぎてからまた再開して10年以上経ちました。酒造りも終わって、4月からまた稽古を再開しておりますが(酒造り期間中は夜の麹のお世話とかで稽古になかなかいけない)2週間前から、首から肩にかけての激痛(;^_^A

これは何???と思っているうちにどんどん痛くなりましてしばらく稽古をお休みしていました。土曜日から痛くなって、木曜日くらいにはだいぶ治った気がしたんですが、また痛くなりましたので、接骨院に行こうか整形外科に行こうか迷ったんですが、今回はレントゲンとかも撮ってもらいたかったので、整形外科へ。

撮ってもらうと、どうやら首の椎骨(ついこつ)のあたりで狭いところがあるらしく、

(↑これはレントゲンではなく、アプリのスクショです)

そこの間が何等かの原因で腫れたりして神経に触っているんだろうとのことでした。炎症留めの点滴を打ってもらい、お薬をもらってしばらく剣道も少しやめといてと言われました。でも、点滴とお薬で次の日からは嘘のようにラクになり♪

もう少ししたら剣道できそうです♪

ちなみに、私がスマホにダウンロードしているアプリ「ヒューマン・アナトミー・アトラス」(確か無料)では3次元的に人間の体の状態を見ることができてとっても面白いです。骨格だけではなく神経とか内臓とか、もちろん絵ですのでそんなにグロテスクではありません。自分の骨とか、内臓の位置とか知るには面白いですよ♪

ということで、剣道今週末から少しずつやろうと思っています(*^^*)

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

 

 

 

 

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

今日は剣道のこと。毎週月・水は剣道の日なんですが、おとといの月曜日は休んでしまった。。。

朝・・・今日は剣道だな、今日はこのことに気を付けて稽古しよう
昼・・・今日は月曜だしやっぱり仕事忙しいな。でも稽古は行けるな、頑張ろう
夕方・・なかなか仕事が終わらないなぁ、夕ご飯も作らないと→だんだんテンションが下がる
夜・・・あ、もう7時になっちゃった。今日はもう無理、飲んで寝よう。。。

とまぁ、こんな風に月曜日は忙しいとなっちゃうわけで(;^_^A 毎日15分でもいいから、遅れてもいいから稽古に行こう、そうすれば4回行ったら1時間できるよ。ということを以前本で読んだことがあり、すごいなぁと、私もそれ真似しようと思いましたが、なかなかできないのであります。剣道は大好きだけど、忙しい日にはどうしてもいけない、というかもうダメ~~~って休んでしまう、この弱い心どうしたらいいでしょうか。

って、誰に聞いとるんや~~~。はい、ということで剣道好きな一般人のちょっとした悩みでした(;^_^A

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

先週の5月22日から今日まで、ずっと剣道はお休み。いつもは月・水・いけたら土曜もということで3回ほど週にやっている(コロナ5類移行後)んですが、どうやら調子に乗ってやりすぎたかも、、、22日の月曜日から腰に違和感があり、25,26日と東京出張も入っていたので、無理をして仕事である出張に行けないと、これは困る、、、と思って先週はお休みしました。そして今週月曜日も鵜飼を観に行ったので、稽古はお休み。本日31日水曜日、今日は稽古に行けそうです。

仕事が押したり、色々あればもちろん行けなくなることもありますが、稽古できたとしたら

・上半身の力を抜いて
・丹田は力を入れる
・左足の引き付けを早くする

この3点に、特に気を付けて稽古したいと思います。が、、、稽古している間は夢中でこの3点が頭から抜けるというか、お相手と向き合っている時は、左足の引き付けとか、上半身に力を入れすぎないとか、そういうことは全く考えられず。。。

基本打ちの時に、気に留めて練習するのと、稽古の最後に、先生にお願いして面を打たせてもらったりするのも大事かなぁと思います。とにかく腰が治ったので、今日からまた稽古頑張ります(*^^*)

写真は、打たれるしげりんです(;^_^A

私の酒蔵、日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)もぜひご覧ください♪

https://www.daruma-masamune.co.jp

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

先週は3回稽古した剣道ですが、今週はまだ1回も。実は月曜日の朝からなんだか腰が痛くなり、、、これが剣道で痛めたものか、愛犬のラブラドールのケンの散歩で痛めたものかはよくわかりませんが、木、金、土と東京への出張もあることから、出張に行けなくなったら大変なので、剣道は今週はお休みすることにしました。

思えば、丹田に力をいれることを意識しながら、左足の踏み切り引き付けを意識しながら、ケンの散歩中に踏み込みの練習をしていたので、やりすぎたのかも(;^_^A 犬の散歩中に変な動きをしているヘンな人にしか見えなかっただろうと思いますが、私としてはいたって真面目に練習のつもりでやってました。

コロナ禍で、なかなか思うように稽古もできなかったので、急にやりすぎちゃったかなと思いつつ、左足の引き付けと、上半身に力がはいらないようにすることを意識しながら、早く稽古に復帰したいと思う、白木滋里でした~(≧▽≦)

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

 

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

過去の記事

サイト内検索

YouTube

達磨正宗のYouTubeチャンネル

友だち追加

LINE@達磨正宗公式アカウント

感染症予防対策

感染症予防対策への取り組み