2018.11.13

上海に行ってきました。

こんにちは。達磨正宗の蔵元、白木滋里です。

先日11月7日から11日まで上海に行ってきました。北京には以前行きましたが、上海は初めてでした。大都会の上海♪でも行った日はあいにくの天気でした(^^;)ガスってる(^^;)

今回は、弊社取引先の海琳堂さんが「中国国際輸入博覧会」に出展されたので、蔵元として参加してきたのです。なんでも、中国が国家として初めて行う輸入博覧会ということで、テレビや電車、色んな所で宣伝していました。でも誰でも入れるものではなくて、関係者と最後の2日間が上海市民の方の抽選?か何かでチケットが手に入った方だけがいらっしゃったそうです。

まぁ、とにかく中国の方たちはとっても元気で、好奇心旺盛!ひとり試飲していると、どんどん皆さんやってきてすぐに黒山の人だかりとなります(^^;)

日本酒の人気はだんだんと上がってきているようで、和食レストランや居酒屋さんもたくさんありました。

古酒は味わい的には、紹興酒と少し似ているので中華にはめっちゃ合うんです。今回は上海蟹と達磨正宗を合わせてみました~!美味しい~!

上海蟹を夢中で食べていて、ボケボケの写真しか撮れなかったので、豚の角煮と一緒に撮った写真を載せておきます。これともよく合ってた(*’▽’)

日本酒の古酒と中華の相性ももっと研究していきたいと思います。最後の日に食べた蟹みそチャ~ハンも美味しかったです。その時は、紹興酒と合わせました。紹興酒は達磨正宗の古酒と比べるとやっぱり辛いです。色が着いていますが、この瓶の裏には、カラメル色素が入っているとありました。

あ、鶏肉の紹興酒漬け=酔っ払い鶏を食べましたが、これがまた美味しかった!古酒でも酔っ払い鶏を作ってみようと思います。

色々とヒントが浮かんだ出張でした。あ、あとこんなカラフルな小籠包もありました。上海の名物である小籠包。トリュフとかフォアグラとかチーズとか色んなものがあって面白かったです。

そうそう、中国中央テレビの番組で、この展示会に出ている日本酒の中でおすすめなものとして、達磨正宗の熟成三年が取り上げられました。ありがたいことです(^^♪

今回中国に来て思ったのは、上海はホントに都会で、みんな元気いっぱいという感じ。あとは、携帯で支払うアリババペイとかwechat(ウィーチャット)ペイなどが普及していて、みんなそうやってお金のやり取りをしていました。

日本はまだまだそういうのは少ないですが、これから外国のお客様が増えてくるとしたら、そういうことにもチャレンジしていかないとだなぁと思います。

ホント勉強になりました(*’▽’)

 

  未分類    

共有・シェア

コメント投稿

必須
必須
任意
必須
必須

CAPTCHA


最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

過去の記事

サイト内検索