達磨正宗は新型コロナウイルス感染症予防対策に取り組んでいます。 詳細

AmazonPayでお支払いOK! AmazonのIDとパスワードで、簡単にご注文いただけます。 詳細

カテゴリー: 未分類

こんにちは、達磨正宗の蔵元、白木滋里です。

今年は展示会が全くなく、その時にご紹介するお酒も売れずに厳しい1年となりました。人に会えないことがこんなにも大変とは!会えなくなってはじめてわかるという感じですね(´;ω;`)ウッ…

しかし、そんなことも言っていられないので、ここ1年色々やってきた(主に晩酌動画かな。。。(;^_^A)動画に、これからは短めで、商品紹介シリーズを加えていきたいと思います。

動画はyoutubeの達磨正宗のチャンネルに掲載していきますね♪

こちらではリンクを貼ってご紹介しま~す。短めなので是非ご覧ください。音ありです。字幕も付いてます(^^♪

「ミニボトル 50ml 人気です~!」

 

 

 

七転び八起きで縁起の良い、だるまさん繋がりのコラボ第2弾です。

その名も「七転び八起き ごちそうセット」

今回は、だるまミートさんの飛騨牛5等級880gとお肉専用のオリジナルブレンド古酒をセットにしました。お酒はこの商品専用の限定品です。

 

お酒は特別にブレンドしたものです(^-^)

・昭和63年(1988)
・平成6年(1994)
・平成8年(1996)
・平成15年(2003)
・平成25年(2013)

の5種類の年度をお肉に合うよう、吟味してブレンド。お米の旨味を十分に溶かし込んだ熟成古酒ならではの芳醇な味わいと、全体を引き締めるほど良い酸があり、飛騨肉の豊かな味わいとお口の中で溶け合います。

お肉は柔らかくてとろける味わい、最高級飛騨牛の5等級。すき焼き、しゃぶしゃぶなどたっぷりお楽しみいただけます。年末年始に今年1年を振り返り、来年はきっと良い年になるようにお酒とお肉をゆっくり楽しんで下さい。

もっと詳しくは、弊社webサイトをご覧ください(^-^)

https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=121

じっくりと熟成させた、達磨正宗の古酒で梅酒を作る時にできる梅の実です。平成12年の古酒に漬け込んでいました。とても柔らかい味わいの古酒です。お酒そのものの甘さがあるので、氷砂糖は控えめとなっています。

古酒がじわ~っとしみ込んでとても美味しいので数量限定で発売いたしました。そのまま食べるのはもちろん、お菓子作りやジャム、お魚やお肉を煮たりしてもお料理がおいしくなります。ぜひお試しください。

https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=120

こんにちは。達磨正宗の白木滋里です。

一番よくお客様から頂く質問は

 

「そもそも、なぜ古酒造りを始めたんですか?」

 

ということです。

それを1分半の動画にまとめました。ぜひご覧くださいm(__)m
音あり字幕もありです。

私は岐阜県中小企業家同友会に所属して色々勉強してます。たまに、今自分のやっていることや、取り組んでいることを「報告」する事があります。
10月の岐阜北支部の例会で、
「夜の酒蔵からの生中継とコロナ禍で取り組んできたことの報告」をさせて頂きました(^^♪
動画が23分とちょっと長いので、今回は達磨正宗のyoutubeのリンクを貼ります(😊)
前半は夜の酒蔵見学、後半は売店で達磨正宗の古酒への取りくみについて、そして最後の方にコロナの影響とコロナ禍で取り組んできたことを話しています。ぜひご覧ださいm(__)m

 

 

 

地元三輪北で契約栽培した五百万石が無事に収穫を迎えました。

五百万石は酒造好適米(本来お酒造り専用のお米)ですが、食べてみると、美味しいこと!びっくりしました。

なので、ぜひ味わって頂きたいとおもいまして、HPから販売を開始しました。精米済みですので普通に炊飯器で炊いて、すぐに召し上がって頂けます。この機会に味わってみてください(^-^)

達磨正宗のHPから購入できます。お酒も一緒に是非どうぞ♪

https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=111

↓↓↓ 五百万石試食の動画と作り手山口専務のお話(*^▽^*)
音あり1分50秒

 

日本酒の日ですから、晩酌動画を撮りました~!

達磨正宗の飲みくらべ 風セット 3年5年10年ものを飲みくらべ&おつまみと楽しみましたよ(*´▽`*)

今日は防災の日ということですが、弊社の「達磨正宗」という銘柄は、地震がきっかけです。

その地震は濃尾地震(1891年10月28日・M8.4)です。酒蔵が倒壊し、すべてお酒が流れてしまったそうです。その為酒蔵の廃業を考えたのですが、周りの方たちの援助もあり、七転び八起きの精神で頑張ろう!いうことになり「ダルマ正宗」と改名しました。

蔵の耐震、筋交い、壁の強化、などなど、やらなけれなならないことが山積みです(;^_^A 少しずつですがやっていってます。頑張ります~~~(*^▽^*)

弊社、現在10カ国に輸出しています。先日あるきっかけがあり、輸出先に輸出先での達磨正宗について、アンケートを取ってみました(今回はお答えのあった8カ国について掲載)

質問は3つで、とっても興味深いお答えを色々頂きました。すべては紹介できませんが、一部を紹介させて頂きます。(長文です)

====================

現地の方の熟成古酒に対する反応
(アメリカ)
海外ではこれまでも熟成古酒を楽しまれるファンがおります。特にワイン文化に馴染みのあるソムリエや海外のお客様には、ワイン同様、ロングヴィンテージ(長期熟成古酒)に対する付加価値を理解していただいていると感じています。

(イギリス)
ウイスキーやシェリーなどが好きな方は熟成酒文化に通じるところを感じるので非常に好印象。

(ドイツ)
海外市場ではまずは一般的なことを知っていただくのが肝要ですね。ほとんどの日本酒はあまり熟成させないで、フレッシュな味わいを楽しむものだと伝えています。次の段階として熟成酒を紹介してます。

(イタリア)
日本酒飲んだことのある人には非常に好評です。特に達磨正宗は味わいのバランスが良く綺麗に熟成しているので、滑らかでイタリア人が笑顔になる瞬間を楽しませてもらってます。

(シンガポール)
口にするまでは「本当に酒なの?」と半信半疑の方がほとんど。飲まれた方の反応は悪くはないと認識しています。
フレッシュな生酒の人気がある反面、熟成(エイジング)が広く周知できれば販路はあると期待しています。

(ウガンダ)
ウイスキーのような香りだと表現する方もおり、注文されたお客様は非常によろこんでおられます。日本酒を熟成したものだと説明するとほぼ皆さん驚かれます。

(中国)
主に中国、台湾、香港においてとなりますが、非常に評価が高く中華料理ととても合うと人気です。

(フランス)
実は古酒はフランス人の方に人気があるのです。ただ、香りがお醤油やお味噌のような香りが主体の商品が多い。中々フランス人にはなれない香りなので、その点は難しく、改善できないものか?と思うところもあります。それでも販売していて、最近古酒が予想以上にフランス人が好きであることがわかってきました。料理との相性としては非常に使いやすい。旨味がたっぷりあって料理の味を引き立ててくれる。ただ、いざ購入するとなると値段が高い商品が多く、購入になかなか行かないところがあるという実感です。

 

現在、達磨正宗はどのようなところで売れているのか
なかなか難しいとしても、遠慮せず書いて下さい。何が難しいのかなども歓迎です。

(アメリカ)
バーやフレンチレストラン、アジアンフュージョンレストラン、あるいはリカーストアなど。(合わせるお料理との相性も重要)特にソムリエなどきちんとお客様へお酒の説明できるお店になると思います。付加価値の高い嗜好品であることを理解していただくためには、もっと様々な形・場面で広め、ブランディングしていくことが重要と思います。

(イギリス)
日本酒のわかったソムリエさんがペアリングなどで日本酒を勧めているレストランでよく売れる。逆にスタッフの日本酒や商品の理解が無いと動かない印象

(ドイツ)
星付きの高級レストランなどでは、コースに合わせてペアリング提供されています。デザートやフォアグラにも合いますね。ベルリンの2つ星レストランのソムリエさんが、達磨正宗2016を気に入ってよく使ってくださいます。

(イタリア)
日本食料理屋さん、イタリア風居酒屋さんです。私どもで初めて荷物が着いたのは2019年12月でした。年が明けてすぐにロックダウン状態に入ってしまい、販売できない状況です。9月あたりからさらに広げていきたいと思っています。

(シンガポール)
折原商店で全ラインナップを店陳しているのですが飲まれる方は少ないです。スタッフが古酒を理解することが最も重要だと考えます。

(ウガンダ)
現在はYAMASENのみで扱っております。サーブの仕方は ・オンザロック(丸氷)・ストレートアップ(with和らぎ水)です。

(中国)
主に飲食店の販売となりますが、一部ネット販売をしています。

(フランス)
お醤油やお味噌のような香りの商品が多いこともあり、この香りではなく、新しい香りが出ないものか?といつも感じております。古酒をフランス人に見せる場合は、香りが感じにくく味をよりよく感じるような、ぐい呑的な器でサービスすべきであると感じております。味わいはワインよりもはるかに料理との相性が深く、また、料理を引き立ててくれるのが古酒の特性なのです。今でもフランスでの販売に関しては、古酒はフレンチレストランやフュージョン系のレストランが主体ですね。

 

これからどこに売っていきたいと思っているか。
(アメリカ)
日本料理店の延長というよりも、より洋食、中華、チョコレート、ナッツ類、アイスクリームなどとも相性が良いため、提供の仕方次第では、幅広いジャンルに可能性があると思います。

(イギリス)
和食に限らず飲料と食べ物のペアリングにこだわっているお店や新たな味わいの組み合わせを探しているようなシェフのお店

(ドイツ)
高級レストラン

(イタリア)
やはり日本酒を飲むを文化にするのであれば、自宅で飲まれることですので、小売販売を自分でしたり街中のエノテカ、またイタリア料理屋さんに進めていきたいです。

(シンガポール)
日本のウイスキーが品薄で人気の訳は年代物としての価値だと思います。熟成古酒もヴィンテージという価値が売れる日が来ると確信していますが浸透するまでには時間がかかるのかもしれません。
バーテンダーが居るオーセンティックなBarや商品説明をしっかりできるホテルなどをターゲットにできないかと考えます。

(ウガンダ)
直近の状況としてはコロナで難しい状況ですが徐々に正常化していった際には古酒と料理を合わせるイベントを組んでプロモーションを行う予定です。 また、ウガンダ国内にとどまらずナイロビやタンザニアなど他国展開も考えています。

(中国)ネット販売に力を入れたいと思っています。家飲みの需要が増えているため、家で飲めるお酒として提案していきたいと思っています。

(フランス)
もっとワインショップにだして広げていくのが良いと感じている。もっと語れる物語をつくるべきである。

====================

上記にお答え下さった取引先さんは、とても大切に達磨正宗の古酒を扱って下さっています。各国で達磨正宗を取り扱いたい等の飲食店さんなどいらしたら、各国のうちのお取引先さんを紹介しますので、お気軽に私までお尋ねください(^-^)

達磨正宗のホームページへ

今年のお盆

2020.08.09

こんにちは、達磨正宗の白木滋里です。

昨日からうちの長男はお盆休みに入ったそうです。なんと9連休です~~~!金曜日の夜に帰ってきた本人は、帰りがけのスーパーでお安くなったお惣菜やら色々買ってきて、普通の顔をしていても、明日から9連休といううれしさが顔ににじみ出ております(;^_^A

長男はお酒を飲まない(飲めると思うけど)ので、酒蔵は継がないそうなんですが、まぁそれはそれで本人がそういうならいいということです。本人が幸せなら私達も幸せであります。

何だか話が初めからそれてしまいましたが、お盆と言っても今年はやっぱりいつもと違いますね。コロナでみんなどこにも行かないというか、遠い実家に帰ったりも控える人も多いのではないでしょうか?

実は、うちは次男坊が滋賀県の長浜市に住んでいます。大学4年です。卒論も忙しいみたいですが、3月に帰ったきり帰ってきません。先日もお盆の帰省は止めておくとのことだったので、母親としては多少さみしいですが、4月から飼っているラブラドールレトリーバーのケンちゃんがいるので、寂しさもあまり感じないと思います(;^ω^)

 

今日のブログはなんなのでしょうか?すみません。お酒の話でもなんでもないんですけど、何だか色々書き連ねてみたくなりました。

8月は毎月売上が一年で一番少ない月ですが、今年はさらに少なくなりそうな予感(;^_^A コロナのばか~~~!と叫びたいけれど、そんなことを言っていても仕方ないので、前に進むしかないのですが、たまに前に進むのも疲れてしまったりします。そんな時は飲んで寝るのが一番いいですね。

とにかく、このブログももう少し自分の書きたいこととか、個人的な事とかを書いていこうと思います。昔はもっと軽い感じのブログをアメブロでやってたんですが、HPの中にブログが出来てから、ちょっと固い感じになってました。

これからは、少し砕けたことも書くかも(^_^)

よろしくお願いします♪

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

過去の記事

サイト内検索

YouTube

達磨正宗のYouTubeチャンネル

友だち追加

LINE@達磨正宗公式アカウント

感染症予防対策

感染症予防対策への取り組み