達磨正宗は新型コロナウイルス感染症予防対策に取り組んでいます。 詳細

AmazonPayでお支払いOK! AmazonのIDとパスワードで、簡単にご注文いただけます。 詳細

カテゴリー: オリジナルラベルミュージアム

こんにちは、達磨正宗の蔵元白木滋里です。

今日は昭和50年に造られた、達磨正宗をご紹介しますね。

昭和50年醸造酒(1975)ビンテージは、原材料が米・米麹の純米造りです。そんなに甘いお酒ではないのですが、46年の時を経て(2021年現在)、重厚で深みのある味わいに育ちました。

達磨正宗のビンテージ古酒シリーズは、瓶に貼ってある裏ラベルにその年の出来事が記載してあります。

昭和50年は、写真にあるように

・山陽新幹線開通

・ベトナム戦争終結

・ヒット曲「襟裳岬」森進一/ 「シクラメンのかほり」布施明

 

などです。
私は7歳でした。戦争のことはあまり覚えていませんが、ヒット曲は子供でしたがよく口ずさんでいたような気がします。思い出の年のビンテージ古酒。探して、見てくださいね。

達磨正宗のホームページ ビンテージ古酒一覧はこちらです。

こんにちは、達磨正宗の蔵元、白木滋里です。
達磨正宗の古酒を買ってくださるお客様から、

「古酒を半分くらい飲みました。ワインみたいに早めに飲んでしまったほうがいいですか?」

という質問をよくいただきます。

答えは、

「いいえ、すぐに飲み切らなくても大丈夫です(*^^*)」

そもそも、達磨正宗の古酒は常温で時間をたっぷりかけて、蔵のタンクの中でタンクの上の部分の空気に触れながら熟成していますので、開封後空気に触れても味が急激に変わったりすることがないのです。

冷蔵庫に入れなくても大丈夫ですし、半分とか3分の2飲んだあとでも、そのまま置いておいてOKです。瓶の中で熟成していくので、しばらく忘れておいて飲んでみたら、あれ?またおいしくなっている~~~!ということもありますよ。

ぜひ達磨正宗の古酒を、ゆっくりとお楽しみください(*^^*)

https://www.daruma-masamune.co.jp

こんにちは。達磨正宗の蔵元、白木滋里です。

日本酒全般の保存方法でよく言われるのが
「直射日光に当てないようにしてください」

ということです。
日本酒を直射日光に当てると、2~3時間で着色してしまいます。

これは、日光と酸素でお酒の中の物質が変化して着色するとのことです。色が着くと、香りや味わいも変化してしまいます。

達磨正宗の古酒は、色が着いていますが、この色はお酒の中の自然なアミノ酸成分と、糖分が反応して長い時間をかけて現れてくる色ですが、日光着色はすぐに色が着いてしまいます。

しかし、私も今まで日光着色なるものを見たことがありませんでした。
なので、今回実験してみました。10月の晴れた午後に日光に当たるところに180mlの透明瓶を置きました。透明瓶にしたのは、茶瓶やグリーン瓶よりも色が着きやすいからです。透明よりも青い瓶の方がより色が着きやすいとも調べたら書いてありました。

とにかく、3時間日光を当てっぱなしにしておいたところ、次のように色が変化しました。

香りも何だか酸っぱいような香りに変化していましたし、味わいも変化していました。ちょっと涼しいところと思って、廊下などにおいておくと、カーテン越しでも日光が入ってしまったりするので、お気を付けくださいね(*^^*)

こんにちは、達磨正宗の白木滋里です。

達磨正宗ではyoutubeもやっています。

今回、赤ちゃんが生まれたら買って20年ご自宅で熟成させる「未来へ」をご紹介しました。お客様の嬉しいお声も。1分音ありです。

 

一番人気の、赤ちゃんが生まれたら、20歳まで熟成させるお酒「未来へ」。そのオリジナルラベルは毎日のようにご注文を頂きます。本当にみんな可愛くて、癒されます(^^♪

そして、未来へとビンテージ古酒のボトル彫刻もあります。

ぜひゆっくり素敵なラベルをご覧ください♪

 

達磨正宗の「未来へ」はお客様のお手元で、

例えば赤ちゃんが生まれたら、20年間熟成させて乾杯して頂くお酒です。

熟成は常温で立てて保存して頂ければOKなのですが、途中でだんだんと瓶の底に「オリ」が現れてきます。これはアミノ酸成分です。古酒にするために仕込んだお酒はアミノ酸成分が多いので、オリが出てきやすいです。

ビックリされる方も多いかもしれませんが、オリはもちろん飲めますし、振ると消えます。でもしばらくするとまた現れてきます。蔵では、オリはアミノ酸成分なのでお酒を飲んだらオリだけ後で料理酒として使うことが多いです。とても美味しい料理が出来ます(^_^)

オリの動画を17秒でまとめました。音はほぼありません。ぜひご覧下さい。

こんにちは、達磨正宗の白木滋里です(#^^#)

うちで一番人気なのは、赤ちゃんが生まれたら、20歳まで熟成させるお酒「未来へ」。そのオリジナルラベルは毎日のようにご注文を頂きます。本当にみんな可愛くて、癒されます(^^♪

そして、ご結婚のラベルや、ボトル彫刻もあります。ぜひゆっくり素敵なラベルをご覧ください♪

 

こちらからご注文頂けます。

未来へオリジナルラベル付き

https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=52

名入れ彫刻はホームページよりお酒と名入れ彫刻をご注文下さい。

https://www.daruma-masamune.co.jp/

6月20日は父の日です。

いつもありがとう!の気持ちを込めて、
父の日に美味しいお酒はいかがでしょうか?

達磨正宗のwebサイトには、おススメのお酒がいっぱいです。ぜひご覧くださいね♪

https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=3

達磨正宗の50年古酒(昭和46年醸造)、
50mlの小さいボトルがたいへんご好評を頂いていますm(__)m

今年は、50年古酒が出来たから、
岐阜と東京でお披露目会をやろうと思っていたのですが、それが出来なかったので、50mlの小さい瓶に詰めました。

 

少しお得になっています(^_^)

 

50歳のプレゼント、50周年の会社さんの記念品など、50年の時がいっぱい詰まったお酒をぜひお楽しみくださいm(__)m

https://www.daruma-masamune.co.jp/products/detail.php?product_id=132

よくぞここまで育ってくれた
~六代目蔵元 白木善次~

弊社は昭和40年代から日本酒の古酒造りに取り組み、この度昭和46年醸造酒が満50年を迎えました。

五十年間、試行錯誤しながらも古酒造りを続けてくることができましたのは、支えて下さった方々、そしてお客様のおかげと心より感謝しております。

下の動画では、今年83歳になりました、6代目蔵元、白木善次がこの酒について説明させて頂いています。

 

今回、より多くの方に50年古酒を飲んで頂きたく、50mlという小容量で発売させて頂きました。この昭和46年醸造酒は、吟醸酒であり、最初は大変繊細な味わいでしたが50年の間にまろやかで熟した果実の様な味わい、口に入れると舌にまろやかさが広がる、しっかり芯のある熟成古酒に成長しております。

50年の「時」じっくり楽しんで頂ければ幸いです。

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

過去の記事

サイト内検索

YouTube

達磨正宗のYouTubeチャンネル

友だち追加

LINE@達磨正宗公式アカウント

感染症予防対策

感染症予防対策への取り組み