AmazonPay対応! AmazonのIDとパスワードで、簡単にご注文いただけます 詳細

カテゴリー: 未分類

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

先日、岐阜県美濃加茂市の株式会社  新和さんに行ってきました。目的は酒造り用の機械をみることでした。探していたものにも出会えてよかったのですが、

「白木さん、ちょっと面白いものがあるので見てください^^」と言われ行ってみたら♪

タンクがサウナに!変身してる~!

新和さんは、醸造機器やタンクなどいろいろ扱っていらっしゃる会社さんなんですが、もう使えないタンクを遊び心を持って変身させてみたそうです。社長の渡邉さんすごいです~!(写真の方です)楽しい(^O^)

私もさっそく入らせてもらいました。

薪を燃やして、ストーブの上にある石に水をかければどこでも、タンクサウナができます。

天井を見上げると、天窓も付いてる♪(これはタンクにもともとある上方のふた部分です)

今、新しいブランドでインスタグラムにて色々公開中だそうです。私もさっそくフォローしました。

興味のある方はぜひフォローしてみて下さいね♪

株式会社 新和 さんのホームページはこちら

うちの酒蔵のホームページはこちら(達磨正宗・淡墨桜)

 

 

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

小さな酒蔵が「熟成させずに早く売ったら」と色んな方に言われたけれど、造り続けました。それが日本酒の熟成古酒「達磨正宗」(だるままさむね)です。

日本酒は新しいうちに飲むのが一番だと信じられていた頃、色んな方から(お役所含め)「あまり熟成させない方がいい、早く売って」と言われながらも、鎌倉時代から江戸時代まで存在していた日本酒の熟成文化を復活させる為、試行錯誤を繰り返しながらこの世に送り出したのが達磨正宗の日本酒熟成古酒です。

透明でサラっとした当時の日本酒の概念を覆す日本酒です。

達磨正宗の熟成古酒について、もっと詳しくはこちらから。

六代目蔵元、白木善次の1こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

 

小さな酒蔵が「熟成させずに早く売ったら」と色んな方に言われたけれど、造り続けました。それが日本酒の熟成古酒「達磨正宗」(だるままさむね)です。

日本酒は新しいうちに飲むのが一番だと信じられていた頃、色んな方から(お役所含め)「あまり熟成させない方がいい、早く売って」と言われながらも、鎌倉時代から江戸時代まで存在していた日本酒の熟成文化を復活させる為、試行錯誤を繰り返しながらこの世に送り出したのが達磨正宗の日本酒熟成古酒です。透明でサラっとした当時の日本酒の概念を覆す日本酒です。

 

達磨正宗の熟成古酒について、もっと詳しくはこちらから。

六代目蔵元、白木善次の1998年2月に日本醸造協会誌に寄稿した「わが社の酒造り」はこちらから

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

日本酒の豆知識について、海外の方にもっと知って頂くために、替え歌動画「日本酒と日光」に英語の字幕を付けてみました。英語はChatGPTに翻訳してもらい、その英語をCupCutで字幕を入れただけです。

ぜひご覧ください^^

今日(6月14日)は五百万石(お米)の田植えです。
酒蔵から歩いて行ける距離で、すべてのお米を契約栽培してます。
作って下さってるのは三輪北農産(みわきたのうさん)さんです。岐阜市北部のこの辺りは「もう田んぼはできんわ~」という高齢者の方が多くなってきており、請け負って米や麦、大豆などいろいろと栽培していらっしゃいます。
そこで、5年ほど前から日本酒に使うお米も地元米を!ということでお願いしたら快諾してくださって作ってもらっています。五百万石は、熟成させる日本酒の「麹米」として現在使っています。
今日の田植えの時に、山口専務に五百万石を育てる時に注意していることなどをお聞きしました。Facebookライブの動画です。ぜひご覧ください^^
https://www.facebook.com/100001176606259/videos/1370738216931128/

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

昨日6月11日に、5年ぶりにパーマをかけてきました。コロナ禍に入った4年ちょっと前にバッサリとショートヘアにしたのですが、それからはずっとショートを楽しんで、ツーブロックも経験(≧▽≦)

そろそろ飽きてきたので、伸ばしていましたがパーマをかけたくなったので、岐阜市北部の美容院「430」さんへ行きました。とっても人気のお店です。攻めた髪型にしてほしいとお願いしまして、ちょっと変わった巻き方の○○パーマ(名前を忘れた)にしてもらいました。

今朝のインスタライブ↓では、パーマをかけたことを報告(どうでもいいことを(;^_^A)

私、白木滋里のインスタもぜひフォローしてください^^

このパーマは今の若い男子がよくかけていて、オールフロントにするといま風男子になるらしいが、、、私は慣れず(≧▽≦)

ということで、ターバンでいつも通りの髪型となりました♪

パーマ掛かってることわからない(;^_^A でも久しぶりにパーマをかけて大満足な白木滋里でした^^

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

 

 

「この酒粕(練りガス)を毎日スプーン1杯なめてます。」

とお客さんが言ってました。そのお客さん、とってもお通じがよくなったのと、特に何もしなくても1年に3キロ体重が落ちたとのことでした。そのまま舐めるだけなんて美味しいの?と正直思いました。

この酒粕は、1年熟成の達磨正宗純米酒の酒粕です。2023年3月に搾ったお酒の酒粕を7月頃までタンクで寝かせ柔らかくしたものです。ふつうはきゅうりの粕漬けを作ったりするのですが「そのまま舐めてる」という斬新な食べ方に、半信半疑だった私。今日やってみたところ、とっても美味しい。これだったら舐められるな。ただし、アルコールが少し含まれてるので、車の運転前はダメだけど。今日は2さじ舐めました^^

ちょっと続けてみようと思います。酒粕は栄養満点だし^^
動画も作成してみましたのでぜひご覧ください。1分44秒音あります。

蔵の売店でも売ってるので、興味ある人は是非どうぞ♪ うちのホームページからも売ってます(*^^*)

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

4月の中頃にコロナウィルスに罹り、現在5月の末ですがやっと咳が治ってきました。咳だけが収まらないので、病院で先生に観てもらったところ(レントゲンも撮ってもらった)特に異常はないし、この咳はもう感染力とかは無いから大丈夫と言われ、ホッとしてゴールデンウィーク明けから、本格的に剣道に復帰しています。

私は仕事の関係(冬は夜に麹をつくる)で、どうしても夜の剣道の稽古には行けないことが多いので、冬の間は剣道無しで、結局しばらく期間が空いてしまいます。仮に、今日は行けるかも!と思った日も、疲れたからもうやめようと弱い心が顔をだして、酒をのんじゃう(;^_^Aということが多々あります。

そして春になって復帰すると、12月までに先生たちに言われていたことをすべて忘れているというパターンで(;^_^A来年からは冬の期間中も行ける時には稽古しようと思います。

最近は、週に2回から3回やってます。やっぱりやり始めると面白くて^^

毎回課題がいっぱいですが、現在のところ右で引っ張って面を打つ(特に先生とかとやる時はそうなる)のを頑張って直してます。あとは、どうやって攻めるかです。大きい声を出し、気合を入れて声をだしても、相手に伝わってなかったら仕方ないんだよ、と言われて「なるほど~~~!」と腑に落ち、それから攻めって何だろうと、頭の中をぐるぐる回っている感じです。難しいから面白いんですよね♪

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

 

名鉄岐阜駅から酒蔵へのアクセス方法です。(タクシーが一番楽でカンタンですが、片道6,000円ほどかかります)
This is how to access the sake brewery DARUMA MASAMUNE from  Meitetsu Gifu station.
(Taking a taxi is the easiest and most convenient option, but it costs about 6,000 yen one way.)

★名鉄岐阜駅からバスで来る方法
The way to use the bus from  Meitetsu Gifu Station is as follows.

JR岐阜駅からのアクセスはこちら Here is the access JR Gifu Station to the sake brewery

1.中央改札を出て ↓
Exit through the central ticket gate

2.改札を出てまっすぐ進んで、エスカレーターで下に降りる
Exit the ticket gate, go straight ahead, and take the escalator down.

3、エスカレーターを降りたら右へ
Turn right after getting off the escalator.

4、すぐにスクランブル交差点があるので、渡って左へ
There is an immediate scramble crossing; cross it and turn left.

 

5、100mほど歩く。バス乗り場は4番です。
Walk about 100 meters.The bus stop number is  4.

本数が少ないので、営業時間内に来ることのできるバス乗り場と、時刻を載せます。
Since there are few buses, we will provide the bus stops and schedules for buses that arrive during our business hours.

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バスに乗っている時間 約50分(現金後払い・またはSuica など、交通系カード)
茂地(もち)・北野バス停より徒歩10分
帰りは岐阜駅までタクシー(6,000円くらい)、または最寄りのバスがたくさん来るバス停(車で10分くらい)まで白木滋里が車でお送りします(4名様まで乗れます)

Bus ride time: approximately 50 minutes (cash payment upon boarding or using a transportation IC card such as Suica)

10-minute walk from Mochi  / Kitano bus stop

For the return trip, you can take a taxi to Gifu Station (around 6,000 yen), or Shiraki Shigeri will drive you to a bus stop with frequent buses (about 10 minutes by car). (Up to 4 passengers)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さぁ、バスに乗ってみましょう。
Let’s get on the bus!

 

岐阜の街の中から、岐阜市北部の酒蔵まで、岐阜のバスの旅をお楽しみください^^

Enjoy a bus journey from downtown Gifu to a sake brewery in the northern part of Gifu City.^^

さぁ、バス停につきました!
Here we are at the bus stop!

★茂地(もち)で降りた場合 加野団地線
If you get off at Mochi

降りたらすぐに左に入ります。↓
After getting off, turn to the left   

しばらく道なりに進みます(200mくらい)↓
Continue along the road for a while (about 200 meters). ↓

この角を左に曲がります ↓
Turn left at this corner.

曲がったら、正面に山が見えます。神社を右に見ながら300~400mほど進みます。↓↓↓
After turning, you will see a mountain straight ahead. Continue for about 300-400 meters with the shrine on your right.

岐阜市の田園地帯の田舎の風景をお楽しみください^^
You can enjoy the traditional rural scenery of Japan.

田んぼの風景なども楽しめます(5月半ばごろ撮影、田植えしたばかりの田んぼです)
The scenery of rice fields (The time of the shooting is May.) ↓

この三つ角で右に曲がります↓↓↓
Turn right at this corner.

200mほど歩くと、酒蔵が見えてきます。
After walking about 200 meters, you will see the sake brewery. ↓

ようこそ(≧▽≦)
“Welcome to the sake brewery.”

酒蔵見学について詳しくはこちら
For more information about the brewery tour, please click here.

酒蔵見学(予約制)予約はこちらからお願いします。
Brewery tours (by reservation only). Please make reservations here.

蔵見学の様子
酒造りは1月~3月です。この期間いらっしゃる場合は納豆は食べてこないでください。

Brewery Tour Details

Sake brewing takes place from January to March. If you visit during this period, please refrain from eating natto beforehand.

テイスティングもできます(有料)
Tasting is also available (for a fee).

酒蔵の売店でお買い物もできます。クレジットカード使えます。PayPay使えます。
You can buy sake. Credit cards are accepted.

お客様の感想—————————————

白木滋里さま

こんにちは。土曜は酒蔵見学コースさせて頂きありがとうございました。更にはお時間取って頂き送迎までして頂いて恐縮でした。 色々とお話できて楽しい時間を過ごす事ができました。 購入したお酒はちびちびと(?)ガブガブ飲ませて頂きますね(笑)。またお邪魔させて頂きますね。 千葉県 斉藤様


Mr.Sumer from India

From my first time trying the Daruma Koshu at Sakagura in new York, I have been obsessed with this sake. The caramel noted with the refined taste of this aged sake which was paired with an ice cream (yes, I know, so weird and interesting) was a memory that has stuck with me for more than 5 years. When I planned my trip to Japan, a tour of this brewery was a must for me. When I saw that this was available on byfood, I was excited but initially skeptical due to the lack of reviews. However, I was surprised that the CEO Shiraki San herself was our tour guide. We were late to our appointed time due to navigation troubles (Do not use taxi to transfer after bus, you will not find one) but Shiraki San was extremely accommodating. She gave us an informative tour of the brewery showing us the several stages of the process (Fermentation, pressing etc.) and a facility where really old sake were still aging, even from as old as 1995. During the tasting session, we got to try several aged sake including ones from 1970s. Exploring how the aging changes the taste and even the texture, even at a period of around 5 years, was extremely intriguing. Each one feels really distinct from each other. The sake was paired with some dried fruits and nuts which were a really tasty combo. Finally, I got to purchase 2 bottles which had been so hard to find in my home country. This was a bucket list item for me for a very long time and I was love to do a tour again!

—————————————————————————-

★北野で降りた場合(高美線)If you get off at Kitano (Takami Line).

バスを降りたら、南に向かって歩き出します。10分ほど酒蔵まで歩きます。
After getting off the bus, head south. Walk for about 10 minutes to reach the sake brewery.

500mほどまっすぐ歩きます。
Walk straight for about 500 meters. ↓

途中広い道があるので、気を付けて渡ってください
There is a wide road along the way, so please cross carefully.↓

大きい道を渡って、次の角を左に曲がります。
Cross the main road, then turn left at the next corner.↓

 

2つ目の門を右に曲がります
Turn right at the second gate.↓

2つ目の角を左に曲がります
Turn left at the second corner. ↓

50mほど行くと酒蔵が見えます
After going about 50 meters, you will see the sake brewery. ↓

ようこそ(≧▽≦)
“Welcome to the sake brewery.”

 

酒蔵見学(予約制)予約はこちらからお願いします。
Brewery tours (by reservation only). Please make reservations here.

蔵見学の様子
酒造りは1月~3月です。この期間いらっしゃる場合は納豆は食べてこないでください。

Brewery Tour Details

Sake brewing takes place from January to March. If you visit during this period, please refrain from eating natto beforehand.

テイスティングもできます(有料)
Tasting is also available (for a fee).

 

 

酒蔵の売店でお買い物もできます。クレジットカード使えます。PayPay使えます。
You can buy sake. Credit cards are accepted.

お客様の感想—————————————

白木滋里さま

こんにちは。土曜は酒蔵見学コースさせて頂きありがとうございました。更にはお時間取って頂き送迎までして頂いて恐縮でした。 色々とお話できて楽しい時間を過ごす事ができました。 購入したお酒はちびちびと(?)ガブガブ飲ませて頂きますね(笑)。またお邪魔させて頂きますね。 千葉県 斉藤様


Mr.Sumer from India

From my first time trying the Daruma Koshu at Sakagura in new York, I have been obsessed with this sake. The caramel noted with the refined taste of this aged sake which was paired with an ice cream (yes, I know, so weird and interesting) was a memory that has stuck with me for more than 5 years. When I planned my trip to Japan, a tour of this brewery was a must for me. When I saw that this was available on byfood, I was excited but initially skeptical due to the lack of reviews. However, I was surprised that the CEO Shiraki San herself was our tour guide. We were late to our appointed time due to navigation troubles (Do not use taxi to transfer after bus, you will not find one) but Shiraki San was extremely accommodating. She gave us an informative tour of the brewery showing us the several stages of the process (Fermentation, pressing etc.) and a facility where really old sake were still aging, even from as old as 1995. During the tasting session, we got to try several aged sake including ones from 1970s. Exploring how the aging changes the taste and even the texture, even at a period of around 5 years, was extremely intriguing. Each one feels really distinct from each other. The sake was paired with some dried fruits and nuts which were a really tasty combo. Finally, I got to purchase 2 bottles which had been so hard to find in my home country. This was a bucket list item for me for a very long time and I was love to do a tour again!

 

 

★ぜひ酒蔵見学にお越しください^^

1,100円、3,300円、5,500円、11,000円(税込)のコースがあります。詳しくはこちらをご覧ください。
お帰りはタクシーまたは最寄りのバス停へバスの時間に合わせて車でお送りします。

We offer courses priced at 1,100 yen, 3,300 yen, 5,500 yen, and 11,000 yen (tax included). For more details, please see here.
For your return, we will arrange a car to take you to the nearest bus stop or taxi stand according to the bus schedule.

 

達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

 

 

 

 

JR岐阜駅から酒蔵へのアクセス方法です。(タクシーが一番楽でカンタンですが、片道6,000円ほどかかります)
This is how to access the sake brewery DARUMA MASAMUNE.
(Taking a taxi is the easiest and most convenient option, but it costs about 6,000 yen one way.)

★JR 岐阜駅からバスで来る方法
The way to use the bus from JR Gifu Station is as follows.

名鉄岐阜駅から酒蔵へのアクセスはこちらHere is the access from Meitetsu Gifu Station to the sake brewery.

1.中央改札を出て
Exit through the central ticket gate

2.中央北口2階から外へ出る
Exit from the Central North Side (2nd fl.)

3、そのまま地上連絡通路を歩く(200m)くらい
Walk about 200 meters along the connecting passage ↓

4、すると右手に階段(D)があるので、そこを降りる(向かいにエレベーターもあります)
Go down Staircase D (there is an elevator across from it) ↓

バス停は、昔の路面電車が目印です。↓↓↓
The bus terminal is marked by an old red train.

5、バス乗り場は12番と13番です。
The bus stops are numbers 12 and 13.

 

 

 

 

 

 

 

本数が少ないので、営業時間内に来ることのできるバス乗り場と、時刻を載せます。
Since there are few buses, we will provide the bus stops and schedules for buses that arrive during our business hours.

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

バスに乗っている時間 約50分(現金後払い・またはSuica など、交通系カード)
茂地(もち)・北野バス停より徒歩10分
帰りは岐阜駅までタクシー(6,000円くらい)、または最寄りのバスがたくさん来るバス停(車で10分くらい)まで白木滋里が車でお送りします(4名様まで乗れます)

Bus ride time: approximately 50 minutes (cash payment upon boarding or using a transportation IC card such as Suica)

10-minute walk from Mochi  / Kitano bus stop

For the return trip, you can take a taxi to Gifu Station (around 6,000 yen), or Shiraki Shigeri will drive you to a bus stop with frequent buses (about 10 minutes by car). (Up to 4 passengers)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さぁ、バスに乗ってみましょう。
Let’s get on the bus!

 

岐阜の街の中から、岐阜市北部の酒蔵まで、岐阜のバスの旅をお楽しみください^^

Enjoy a bus journey from downtown Gifu to a sake brewery in the northern part of Gifu City.^^

さぁ、バス停につきました!
Here we are at the bus stop!

★茂地(もち)で降りた場合 加野団地線
If you get off at Mochi

降りたらすぐに左に入ります。↓
After getting off, turn to the left   

しばらく道なりに進みます(200mくらい)↓
Continue along the road for a while (about 200 meters). ↓

この角を左に曲がります ↓
Turn left at this corner.

曲がったら、正面に山が見えます。神社を右に見ながら300~400mほど進みます。↓↓↓
After turning, you will see a mountain straight ahead. Continue for about 300-400 meters with the shrine on your right.

岐阜市の田園地帯の田舎の風景をお楽しみください^^
You can enjoy the traditional rural scenery of Japan.

田んぼの風景なども楽しめます(5月半ばごろ撮影、田植えしたばかりの田んぼです)
The scenery of rice fields (The time of the shooting is May.) ↓

この三つ角で右に曲がります↓↓↓
Turn right at this corner.

200mほど歩くと、酒蔵が見えてきます。
After walking about 200 meters, you will see the sake brewery. ↓

ようこそ(≧▽≦)
“Welcome to the sake brewery.”

酒蔵見学について詳しくはこちら
For more information about the brewery tour, please click here.

酒蔵見学(予約制)予約はこちらからお願いします。
Brewery tours (by reservation only). Please make reservations here.

蔵見学の様子
酒造りは1月~3月です。この期間いらっしゃる場合は納豆は食べてこないでください。

Brewery Tour Details

Sake brewing takes place from January to March. If you visit during this period, please refrain from eating natto beforehand.

テイスティングもできます(有料)
Tasting is also available (for a fee).

酒蔵の売店でお買い物もできます。クレジットカード使えます。PayPay使えます。
You can buy sake. Credit cards are accepted.

お客様の感想—————————————

白木滋里さま

こんにちは。土曜は酒蔵見学コースさせて頂きありがとうございました。更にはお時間取って頂き送迎までして頂いて恐縮でした。 色々とお話できて楽しい時間を過ごす事ができました。 購入したお酒はちびちびと(?)ガブガブ飲ませて頂きますね(笑)。またお邪魔させて頂きますね。 千葉県 斉藤様


Mr.Sumer from India

From my first time trying the Daruma Koshu at Sakagura in new York, I have been obsessed with this sake. The caramel noted with the refined taste of this aged sake which was paired with an ice cream (yes, I know, so weird and interesting) was a memory that has stuck with me for more than 5 years. When I planned my trip to Japan, a tour of this brewery was a must for me. When I saw that this was available on byfood, I was excited but initially skeptical due to the lack of reviews. However, I was surprised that the CEO Shiraki San herself was our tour guide. We were late to our appointed time due to navigation troubles (Do not use taxi to transfer after bus, you will not find one) but Shiraki San was extremely accommodating. She gave us an informative tour of the brewery showing us the several stages of the process (Fermentation, pressing etc.) and a facility where really old sake were still aging, even from as old as 1995. During the tasting session, we got to try several aged sake including ones from 1970s. Exploring how the aging changes the taste and even the texture, even at a period of around 5 years, was extremely intriguing. Each one feels really distinct from each other. The sake was paired with some dried fruits and nuts which were a really tasty combo. Finally, I got to purchase 2 bottles which had been so hard to find in my home country. This was a bucket list item for me for a very long time and I was love to do a tour again!

—————————————————————————-

★北野で降りた場合(高美線)If you get off at Kitano (Takami Line).

バスを降りたら、南に向かって歩き出します。10分ほど酒蔵まで歩きます。
After getting off the bus, head south. Walk for about 10 minutes to reach the sake brewery.

500mほどまっすぐ歩きます。
Walk straight for about 500 meters. ↓

途中広い道があるので、気を付けて渡ってください
There is a wide road along the way, so please cross carefully.↓

大きい道を渡って、次の角を左に曲がります。
Cross the main road, then turn left at the next corner.↓

 

2つ目の門を右に曲がります
Turn right at the second gate.↓

2つ目の角を左に曲がります
Turn left at the second corner. ↓

50mほど行くと酒蔵が見えます
After going about 50 meters, you will see the sake brewery. ↓

ようこそ(≧▽≦)
“Welcome to the sake brewery.”

酒蔵見学について詳しくはこちら
For more information about the brewery tour, please click here.

酒蔵見学(予約制)予約はこちらからお願いします。
Brewery tours (by reservation only). Please make reservations here.

蔵見学の様子
酒造りは1月~3月です。この期間いらっしゃる場合は納豆は食べてこないでください。

Brewery Tour Details

Sake brewing takes place from January to March. If you visit during this period, please refrain from eating natto beforehand.

テイスティングもできます(有料)
Tasting is also available (for a fee).

 

 

酒蔵の売店でお買い物もできます。クレジットカード使えます。PayPay使えます。
You can buy sake. Credit cards are accepted.

お客様の感想—————————————

白木滋里さま

こんにちは。土曜は酒蔵見学コースさせて頂きありがとうございました。更にはお時間取って頂き送迎までして頂いて恐縮でした。 色々とお話できて楽しい時間を過ごす事ができました。 購入したお酒はちびちびと(?)ガブガブ飲ませて頂きますね(笑)。またお邪魔させて頂きますね。 千葉県 斉藤様


Mr.Sumer from India

From my first time trying the Daruma Koshu at Sakagura in new York, I have been obsessed with this sake. The caramel noted with the refined taste of this aged sake which was paired with an ice cream (yes, I know, so weird and interesting) was a memory that has stuck with me for more than 5 years. When I planned my trip to Japan, a tour of this brewery was a must for me. When I saw that this was available on byfood, I was excited but initially skeptical due to the lack of reviews. However, I was surprised that the CEO Shiraki San herself was our tour guide. We were late to our appointed time due to navigation troubles (Do not use taxi to transfer after bus, you will not find one) but Shiraki San was extremely accommodating. She gave us an informative tour of the brewery showing us the several stages of the process (Fermentation, pressing etc.) and a facility where really old sake were still aging, even from as old as 1995. During the tasting session, we got to try several aged sake including ones from 1970s. Exploring how the aging changes the taste and even the texture, even at a period of around 5 years, was extremely intriguing. Each one feels really distinct from each other. The sake was paired with some dried fruits and nuts which were a really tasty combo. Finally, I got to purchase 2 bottles which had been so hard to find in my home country. This was a bucket list item for me for a very long time and I was love to do a tour again!

 

 

★ぜひ酒蔵見学にお越しください^^

1,100円、3,300円、5,500円、11,000円(税込)のコースがあります。詳しくはこちらをご覧ください。
お帰りはタクシーまたは最寄りのバス停へバスの時間に合わせて車でお送りします。

We offer courses priced at 1,100 yen, 3,300 yen, 5,500 yen, and 11,000 yen (tax included). For more details, please see here.
For your return, we will arrange a car to take you to the nearest bus stop or taxi stand according to the bus schedule.

 

達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

 

 

 

 

こんにちは、達磨正宗・淡墨桜の蔵元、白木滋里(サマンサ)です。

日本酒の事、お酒のこと、うちの酒の事に限らず、日本酒についてよくある質問などについて、楽しく解説したSNSをやっています。

ぜひフォローしてみて下さいね♪

日本酒 達磨正宗(だるままさむね)・淡墨桜(うすずみざくら)のwebサイト(ホームページ)はこちらから。

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

過去の記事

サイト内検索

YouTube

達磨正宗のYouTubeチャンネル

友だち追加

LINE@達磨正宗公式アカウント

感染症予防対策

感染症予防対策への取り組み